シワの原因となる加齢と対策

できてしまうと嫌なものといえば、顔のシワです。目立つものができてしまうと、それだけで一気に老けて見えるようになってしまいます。更に一度できてしまうとそう簡単に消えることがなく、むしろその先増えていき、それにより更に老けてみるようになってしまいます。加齢と共にできてしまうから仕方がないと思って諦めている人も多いでしょう。

 

ですが、シワができる原因を知っておく事で、予防や対策をしていくことは可能です。完全に出ないようにという事は不可能であっても、出てくるのを遅らせる事が出来るだけで見た目年齢は随分と変わってくる事になります。そんなシワの原因はいくつかあります。中でも大きいとされているのが、紫外線です。紫外線を受けても、日焼けをする程度、そんな感覚の人も多いでしょう。

 

ですが、紫外線の中に含まれるUV-AとUV-Bという成分は日焼けを促すだけでなく、浴びると真皮まで届き、真皮に含まれたコラーゲンを壊して行きます。真皮の成分の70%を占めるというコラーゲンは、肌のハリや弾力を保つ為に欠かせない存在です。ですから、それが壊されていくのは肌の劣化や老化に繋がっていきます。

 

若いうちは体内で多くのコラーゲンが作られますが、年齢と共に作られる量が減っていく為、若い頃と同じように紫外線を受けるとそれだけで肌に多くのダメージを受けている状態になってしまうのです。その上、顔というのは常に外気に触れ、そして紫外線にさらされる状態にあります。ですから、外出など紫外線を浴びる可能性がある時は、日焼けどめを塗るなどしておく事が大切になっていくのです。

 

そしてもう一つ、シワの原因となるのが乾燥です。こちらは、日常の洗顔後のスキンケアをしっかりする事などで対策をしていく事ができます。洗顔後に化粧水を塗ったあとに、乳液やクリームで水分が蒸発しないようにしっかり蓋をする事が大切です。化粧水だけでは直ぐに蒸発し、その蒸発の際に肌が持っていた水分まで一緒に蒸発させてしまうので保湿にはなりません。