シワの原因は乾燥かもしれないので対策をしよう

お肌の悩みにはいろいろなものがあるものです。若い頃は、ニキビや毛穴が悩みということが多いものですが、年を重ねるとごに肌悩みは変わってくるもので、次第に小じわ、シミ、肌の弾力のなさというものが気になるようになり、それがさらにはシワ、たるみなどの悩みとなっていきます。肌悩みの中のシワの原因として最も考えられるのは加齢です。

 

私たちの肌にあるコラーゲンやヒアルロン酸は、年齢とともに減少していきます。たとえばコラーゲンは20代のころ最も多いのですが、40代になると半分にまで減ってしまうと言われています。そのため、お肌のハリがなくなったり、シワができていったりするのです。お肌をできるだけ若々しく保つためには、早めにエイジングケアをスタートさせた方がよいでしょう。

 

お肌を老化させてしまわないためには、まず肌の乾燥対策を考えましょう。お肌が乾燥してしまうと、シワの原因となってしまいます。そのため、肌をしっかりと保湿することが重要です。肌を保湿するためには、毎日のスキンケアで化粧水や美容液、保湿クリームなどを使い、肌に水分と油分を与えましょう。シワが目立つ目の周りはアイクリームを使って保湿ケアするのも効果的です。

 

また、クレンジングや洗顔料を選ぶときも、乾燥肌用のしっとりするタイプを使うと、肌の潤いを保ちながらメイクや肌の汚れを落とすことができます。さらに注意したいのは紫外線です。紫外線もお肌の大敵です。紫外線を浴びることによってお肌のバリア機能が失われて水分が蒸発しやすくなってしまいます。夏は、お肌がべたついているために乾燥していると気付かないことも多いものです。

 

そのため乾燥しているのに肌は潤っていると勘違いしてしまい、スキンケアでじゅうぶんな保湿をしないまま過ごしてしまいがちです。紫外線が強い時期は、しっかりとUVケアをおこなって紫外線からお肌をガードし、スキンケアでは美白ケアや保湿ケアをしておきましょう。