シワの原因を作る紫外線対策について

猛暑を超えて気づいたらお肌がいつの間にか日に焼けていてシワが増えていたなんてことがあります。夏の間に強力な紫外線を浴びつづけた肌は疲れてしまっているのです。最近になって日焼け対策、色白を保つなどと言われていますが、肌の日焼けは様々なトラブルの元ということがわかってきました。

 

なかでも紫外線が肌に届くとコラーゲンや細胞などが壊れたりして様々なダメージを与える光老化がシワなどの原因と言われています。光老化はさらにシワだけでなくシミも増やしてしまいます。紫外線を浴びない方法などなく、いかに上手く肌を守りシワを増やさないで色白の美肌を手にいれるかの対策が必要です。今日は外出はなく家にいるので何もしないというのはいけません。

 

紫外線は窓を通してでも入ってきます。そしてちょっと洗濯物を干しにベランダへという時にも容赦なく降り注いできます。家にいる時も必ず顔や手に日焼け止めクリームを塗るようにします。そして外出する時は、日中の紫外線が多いと言われている時間帯朝10時から14時頃にはなるべく外へ行かないようにするのがいいのですが、外出して外を歩く時には、日焼け止めクリームをしっかりまんべんなく塗りなおしUVカットのつば広の帽子をかぶり、さらに日傘をさして防ぎます。

 

日差しが強い時にはUVサングラスをかけ目から入る光を防ぐようにすると安心です。そして汗をかいたり時間がたったらまめに日焼け止めクリームを塗りなおします。そうして肌をしっかり守ることが出来ても、まだ安心は出来ません。地面からの照り返しなどの光を浴びたお肌を夜にしっかりケアします。

 

予防していてもうっかり肌が日焼けしてしまっていたら、すぐに塗らしたタオルや冷却スプレーや冷却パックなどで冷やして炎症を防ぎます。普段は夏でも保湿のクリームや美容液やパックなどでしっかり水分を補い、乾燥しないように心がけます。美白用のコスメも活用しましょう。そうしてしっかり対策できた肌は秋には色白でハリを保った美肌を手にいれられるのです。